昭和の「鉄道模型」をつくる 第43巻(作業実施)

先週買いました第43巻ですが,付録のバラストを撒く作業をするために必要となる木工用ボンドが家になかったため,先週は作業を保留にしました。(先週の記事です)

で,週明けにハンズではなく,近所のダイソーへ行きまして,調達してまいりました(^-^)

画像

有名なコニシの木工用ボンドが100円サイズ(50g)で売られてました(^^;; こんなサイズがあるんですね。
そしてその隣にはダイソーブランドで3倍の量(150g)の木工用ボンドが置いてありました。
散々悩んだ挙句,“日本製”のコニシに決めました(^o^;;
室内での作業ですので,変な有機溶剤とか入っていたらイヤですし・・・。
50gとかなり少なめなのが気になりますけど,まぁ万一足りなくなったらまた買えば良いことですしね(^^;;

さて,いよいよ着手です!
初めての作業で要領を得ていませんので,冊子に書いてあった手順に忠実に従いました(^^;;
取りあえずジオラマの全該当箇所にバラストを撒いてみました。
どのくらいの量を撒けば良いか掴めていませんので,部分的に施行すると,最後の方になってバラストが足りなくなったり大量に余ったりすると具合が悪いですしね。

で,足りなくなるのを気にして,最初はちょっとケチケチめに撒いてみました(笑)
線路の盛り土の部分とジオラマのパネルボード地面の部分にかかるように,そして盛り土の側面がバラストで隠れるくらいを目安に撒きました。
勢いよく撒くとバラストの粒子が広範囲に散らばってしまいますので,そ~っと,そ~っと慎重に撒いていきます。
場所によっては息を止めて・・・,う~っ,血圧が上がるぅ~~~(笑)

ひととおりざっと撒き終わりまして,こんな感じになりました。

画像

画像

画像

ふっふ~ん♪(爆)
思ったよりサマになっているような感じがします(^^;;
少なくても最近の樹木の製作よりかは全然良い感じです(笑)

結構大量にバラストを使ったような気がしましたが,この時点でまだこれくらい余ってます。

画像

場所によっては撒き方が足りない箇所もありますので,そのあたりを重点的に追加して撒きました。
でも思った以上にどんどんバラストを消費していきまして,気がついたら袋の中のバラストは残り僅かになっていました。
冊子の解説によれば,「余ったバラストは第45巻で行う作業で使うから捨てるな!」と書かれているのです。
と言うことは「余らせておかねばならない」ってことですよね(^^;; まぁ冊子の解説では余らすのが必須ということではないような書き方でしたけど,やっぱり気になりますので少し残した状態で撒く作業を終えました。

画像

画像

画像

さっきとあまり変わらない気がしますが(^^;; 線路の盛り土部分が良い感じでバラストに覆われていて違和感がありません(^-^)
撒いたときに広範囲に散らばったバラストは,ティッシュを使って本来の位置に集め,形を整えました。

よしっ,これでOK!(^-^)/
次はバラストの上にボンドをかけて固定させます。
コップに前述したボンドを適当に入れて,その3倍の量の水を入れます。私はちょっと水を入れすぎました(^o^;; ま,いっか・・・。
そして,中性洗剤を2~3滴入れるとのこと。これによって,出来上がった水溶液がバラスト内に浸透しやすくなるんだそうです。
で,台所にあった洗剤(「中性」って書かれているのを確認しました(^^;;)を2,3滴・・・。うわっ,ドバッと出てしまいました(笑) おー,またもや入れすぎ・・・。ま,いっか・・・(^o^;;

こうして出来上がった水溶液を,付録のスポイトを使ってバラストの上に垂らしていきます。
しかしここで思わぬ苦戦を・・・(^^;;
思っていたほどバラストに浸透してくれないんですねぇ。
バラストの表面をツルツルツル~って,土手を駆け下りるかのように水滴が滑っていきました。しかもバラスト自体も巻き込んで土石流のように流れていきます(笑)
確かに冊子には「流れ出したバラストはティッシュを使って元の位置へ調整すること」とか書かれていますので,そうなることは予測の範囲なんですけど,これほど流出しまくりだとは思いませんでした(^o^;;
おかげでティッシュでの調整に手間取りました。

それでも大きなトラブルもなく無事完了(^-^)
こんな感じになりました。

画像

画像

画像

バラストが湿ってしっとりしているのが判りますかね(^^;;
撒いたときは結構きれいに形を整えていたんですけど,無情にも一気に崩れてしまいました。表面が結構凸凹になっちゃってます。
ま,あまり細かいところに拘りすぎると早死にしそうですので(笑),これでヨシとしました(^^;;

ところでトンネルの中なんですけど・・・,トンネルに入った直後くらいまではバラストを撒きますが,奥の方はノーマークです(^^;;;(冊子にもそう書いてありました)

画像

まぁ気にしなければ良いんですけどね(^^;; でもこうなるんでしたらトンネルを設置する前に施工しておきたかったですよねぇ・・・。
バラストも残り少ないのでこれ以上手を加えるのは止めましたが,ジオラマ完成後余裕があったら別途バラストを調達して,トンネル内にも敷き詰めようかななんて考えています。(作業が大変そうですけどね(笑))

さて,もう次の号が控えてますが,今週も金曜日にイオンへ行く予定ですので,次回は金曜の夜に記事にする予定です。

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  114,070マイル(前日比+1,230)
 ・ANA-JCBカードのポイント移行分が加算されていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月05日 00:07
 粘りのある白い液体とティシュとの格闘ですかぁ...いや~ん(爆)
 そうなんですよねぇ、ダイソーって本当になんでもあるんですよねぇ、ところで、ボンドはかなり余まりましたよね?
2008年06月05日 00:40
くらさん,こんばんは。
いや~ん,くらさんったら! おイタが過ぎますよ~(^o^;;;
水を入れ過ぎちゃったのでボンド水溶液はほとんどサラサラの水でした。(あ~,どう表現してもあっち方面を連想してしまうぅぅぅ(爆))
ダイソーは色んなものを強引に100円にしてますね(^o^;; ミニチュア木工用ボンドには驚きました(笑)
で,おっしゃるとおりボンドは結局かなり余りました(^^;; 最初に作った水溶液自体もかなり余りました(^o^;; 捨てるのも勿体ないので,コップにラップして保存してます。今後使う機会があれば良いのですが・・・。
2008年06月05日 01:12
小学生の頃にガンプラをうまく作れずに(特に接着まわりが)挫折しました。それ以来、工作系は苦手で触れないようにしています(^^;)
だいぶできあがってきましたね。制作総費用もすごいことになってそうです。
2008年06月05日 02:30
良い感じですね!しかし本当に要注意の但し書きですね!もうし全部使ってしまったらある意味この次の使用するときにつながらなくなって大変なことになりそうです(^^そして確かにトンネルの中は少し木になりますね(^^でも本当にい感じに仕上がってきましたね!
なお
2008年06月05日 11:50
あーーー、木が付いてきた頃からまたたまり始めてます。面倒な作業が残っちゃったなぁ(^^;;
こちらを参考に徐々に進めようと思ってます♪
キミマキ
2008年06月05日 19:12
ボンドと言えばこれですよね。

これまた細かい作業でしたね。
でもこれがあると雰囲気全然変わりますね。

うっかり余らせるの忘れてしまった人もいるでしょうね。
その都度つけてくれればいいのに。
2008年06月05日 21:13
りくまいらーさん,こんばんは。
あ,私も同じような経験があります(^^;;
私も子供頃にプラモデルを作ったことがあるのですが(ガンプラではありません(^o^;;),接着作業って難しいですよね。接着剤を付けすぎると接着面から溶剤がはみ出て汚く見えてしまいます。
はぁ~,あの頃から「ものづくり」には向いてなかったんですよねぇ>私(^o^;;;

制作費はですねぇ・・・,考えちゃいけません(笑)
1490円×43+α でしょうか(^^;;
まだあと7巻残ってます。
2008年06月05日 21:22
TAKAさん,こんばんは。
こう言った解説文をよく読まないと失敗しそうになることはこの雑誌にはよくあります(^o^;;;
でも今回のバラストについては,文面をよく読むと,「もし余ったら・・・」くらいのニュアンスで書かれていますので,余らなかったらそれはそれで特に問題は無いのかもしれません。
でも余ったバラストをどういう用途で使うのかは具体的には書かれていませんでしたので,気になりますよねぇ。しかもどのくらい余らせておけば良いのかも書かれてませんし・・・(^^;;

トンネルの内部は・・・,やられました(^^;;
あれだったらトンネルをパネルボードに接着しないでおくべきでしたorz
春塩
2008年06月05日 21:23
やっぱしんさんって器用ですよ。
私みたいなぶきっちょには到底無理な作業です。プラモデルとかも一度も作ったことはありません。
2008年06月05日 21:26
なおさん,こんにちは。
木以降はかなり時間がかかりそうです。
でも,あれだけ溜まったストラクチャ類を短時間で作成して追いつかれたなおさんの技量からすると,木以降もすんなり完了されるのではって気がしてきました!
こんなんでギャーギャー騒いでいるのは私だけかもしれませんね(笑)

梅雨の時期ですから,雨が降ってご自宅で休日を過ごされている日なんかに是非着手してみて下さい(^-^)(ってそんな休日はなおさんには無いのかもしれませんが(^^;;)
2008年06月05日 21:33
キミマキさん,こんばんは。
そうそう,ボンドはコレですよねっ。
昔からあるロングセラーです(^-^)

やっぱり線路には砂利(バラスト)が付きものですよね(^-^)
このTOMIXのレール自体にバラストのイメージを施してあるのですが,やっぱりこうやって撒いてみると全然雰囲気が出て良い感じになりました(^-^)

ほんとほんと,おっしゃるとおりですよねぇ。必要あればその第45巻で改めて付録として付けるべきですよっ!
2008年06月05日 21:38
春塩さん,こんばんは。
いやいや,私なんか典型的な“不器用”です(^^;;;
そんな人間でも一応この程度のレベルはできるってことを示しました。と言うことで,このくらいでしたら乳幼児以外は誰でもできます!(笑)
プラモデルは私は作ったことがあるにはあるんですけど,ほんと数えるくらいです。片手の指で収まるくらいだと思います(^o^;;;;
でも,その時の反動が今に出ているのかもしれません。ということは,春塩さんも一度始められたら止まらないかもしれませんよぉ~(^-^) いかがですか,ご一緒に(*^-^*)/(悪への誘い~)
2008年06月05日 22:04
ぱっと見、仕上げ作業のようで、もうあまり手を加えるところがないような気がしますが、まだ7号分くらい残っているんでしょうか。ダイソーはよく行きます。すごいな~といつも思います。
2008年06月05日 23:25
たぬさん,こんばんは。
おっしゃるとおり,もうほとんど出来上がってます。
あとはトンネルの山肌ですとか,地表の土なんかを仕上げていくことになるかと思います。
あともう少しなんですけど,これが最も難しそうなんですよねぇ(^^;;;;
でも今回のバラストで“撒きモノ”がちょっと慣れてきました。多分次は地表面をパウダーとかを撒いて作り上げるんだと思います。

私もたまにダイソーへ行きます。
あそこ行くと,100円で安いもんですから,ついつい買っちゃうんですよねぇ(^^;;
ですんでなるべく行かないようにしているんです(笑)
まち
2008年06月06日 10:44
楽しそうに作業されていますね^^
私は、最近、夫やしんさんの記事についていくために(笑)ある本を通勤電車の中で読んでいます。その名も『モハようございます。』! 鉄ファンが、どこにひきつけられるのかというようなことを分かりやすく?書いているんですが、「こ、こんなコアなところを見て楽しむのか・・・」と結構発見があります。でも、「ふ~ん」程度で、私がハマルかというとそれはなさそうです^^; でもうんちく的には面白いですよ~。本屋さん行かれたときに見つけたらパラパラ見てみてくださいな~
2008年06月06日 22:04
まちさん,おはようございます。
いやぁ~,大汗かきながらヒィーヒィー言って作業してますよ(^o^;;; 血圧上がりまくりです(笑)

うわぁーーーっ,まちさん凄いっ! 向学心がおありなんですね~(^-^) ウチのヨメさんに爪の垢を煎じて飲ませたいくらいです(大爆)
「モハようございます。」は知りませんでした(^o^;;;; 面白そうですね。
真の鉄ファンが描かれていそうです(^-^)
以前テレビで鉄ファンのドラマが放映されていましたが,キモオタ偏見丸出しでヒジョーに不愉快でした(^o^;;;;;;
本屋さんへは少なくとも週に一度は行ってますので,次回行った際には探してみます(^-^)

この記事へのトラックバック