昭和の「鉄道模型」をつくる 第45巻

このシリーズももう第45巻となりました。「昭和の鉄道模型をつくる」です。

画像

大詰めですね。
ジオラマもほぼ完成状態になりましたけど,まだ今号を入れて5巻あります。あと5巻でどこに手を加えていくのか興味半分,不安半分と言ったところでしょうか(^o^;;

今号の付録ですが・・・,バスでした。

画像

画像

ジオラマの建造物や自然物は完了したようですので,今度は道路上のアクセント類でしょうか。
バスやクルマなどの車両や,人形なんかが残りの号の付録になると思われます。

バスもボンネットタイプです! 昭和ですね~。
今では観光の一環として走らせている地域もありますが,昔はこれがスタンダードだったんですよね。
・・・なんて知ったようなこと言ってますけど,私は生まれてこの方ボンネットタイプのバスには乗ったことがありません(^^;;;;
私が子供の頃,地元を走っていたバスは既に現在のバスと同じタイプでした。

早速ジオラマに置いてみます。

画像

駅前にバス車庫がありますので,その辺りに置けば結構さまになりますよね。

ところで,今号の作業はこれでおしまい・・・という訳ではありません(^^;;;;
以前の号で「残しておけ」指令がありました「バラスト」「パウダー」「フォーリッジ」。これをジオラマ全体のディテールアップに応用するのが今号のメイン作業だったのです(笑)

画像

手順説明がまた2ページに渡って載ってました。前回の「基本編」に対して今回は「応用編」です。その文字を見るからに難しそうな感じが・・・(^o^;;;;

とは言え,よくよく読んでみると差ほど大した作業では無いみたいです。
残しておいたこれらの材料を,あちらこちらに散りばめることによって雰囲気を上げるみたいです。
説明書きには「これは一例なので,各自想像力を発揮して仕上げるように。」と書かれているのですが,独創性の無い私は取りあえず本誌の例どおりに仕上げてみました。

先ずはフォーリッジから。

画像

冊子には7箇所について施工例が載ってましたので,大体それに従ってやってみました。
今まで使ってきた木工用ボンドを,今度は原液の状態でフォーリッジにつけて地面と接着します。
ひととおり終えまして,こんな感じになりました。

画像

地面のパウダーとほぼ同じ色ですので,遠くから見るとどこを施工したのか判りませんね(笑)
あ,ピンセットを置いたままでした(爆)
ズームアップしてみると,こんな感じです。

画像

画像

草が生い茂っている感じが見て取れますよね!(^-^)
特にトンネル付近は山頂のフォーリッジに合わせて,地上付近も生い茂るようにたくさん投入しました(^^;;
桜が咲いている春の季節という設定なんですけど,これだけ生い茂っているとなんだか夏の盛りって気がしてきますね(笑)

ところで・・・,別に今に始まったことではありませんけど,ピントが甘いor手ブレしている写真が多く,見づらくてスミマセン。
ケータイカメラで撮っているんですが,変な所にオートフォーカスしたり,シャッタースピードが遅くて手ブレしたりしてます。設定をこまめに調整すれば良いのですが,いちいち面倒くさくて・・・(^o^;;;
あ~,手ブレ補正付きカメラを備えたケータイが欲しい~~~。

さて,話が逸れましたが・・・,お次はバラストです。

画像

どこにつかうのかと思ったら,こんな所に撒くんですね(^^;;;
予備のバラストが線路脇で山になっている光景は確かに見たことありますが・・・,う~ん,なんかイメージが違うんですよねぇ。
あ~,地面がおかしいんですよ。いや,草原になっているのに違和感を持ちまして・・・。こんな草むらの中に予備のバラストを置くなんてあるのかなぁ(^o^;;
普通だったら作業用のエリアって,草で覆われているのではなく土が剥き出しになっているではないかと。

・・・と言うことで,ここにバラストを撒くのは止めました。他の用途に使えるかもしれませんので,取りあえずそのままとっておきます。
でも,このままではホーム先のエリアが寂しい気もしないでもありませんので,ゆくゆくは何か草木を植えようと思います。

さて,最後はパウダーです。

画像

あ,道路の隙間がここに書いてありました(^^;;
ここへは前回の作業で,気を回して既に隙間に撒きましたね。

あとはトンネル出入口のポータルの所です。
なるほど,確かにこのような壁面にも草が顔を覗かせているなんてことがありますよね。
と言うことでやってみました。

画像

ちょっと着け過ぎ?・・・いやそんなことはありませんね(^^;; 良い感じかな。

それと,冊子の解説には載ってなかったのですが,線路のバラストや二本の線路の間なんかにも草が生えていることってありますよね。特にローカル線なんかでよく見られる光景だと思います。
このジオラマは一応昭和初期の街中みたいですけど,まぁ雰囲気としてはローカル線みたいなものかな・・・とも感じてます。
てなことで,ちょっと撒いてみました。

画像

おっ,なかなか良い感じで雰囲気が出ているではありませんか!>自画自賛(^o^;;;;
何も考えず適当に線路の上からパウダーをパラパラパラ~って撒いただけなんですけどね。
でもちょっと調子に乗りすぎました。線路が所々で通電不良を起こして車両が停まってしまうのです(^o^;;;
こういったパウダーが線路の上に載ってしまうだけでも通電不良が起きるんですね・・・。
線路の表面をヤスリとかで撫でてやると復活すると思いますが,面倒なので例の電気機関車を高速で何周か走らせました(笑)
高速でしたら所々の通電不良箇所にさしかかっても勢いで通過してしまいますので停まりません。
しばらく走らせたら・・・,通電不良は直りました(^o^;;

あ~ヨカッタ。今週は1日で無事作業が終わりました(^o^;;
来週以降はもうこの手の作業は無いのかな・・・?

ところで・・・,パネルボードなんですけど・・・,偉く歪んでいると言いますか反り返っていることに気付きました。

画像

ボンド水溶液を垂らしたりしてましたから,それが原因でこうなっちゃったんでしょうね。
紙と発泡スチロールでコストを抑えようとするからこうなるんです・・・orz
素直にベニヤ板にしてくれたら良かったのに。
さて,これってどうすれば水平に戻ってくれるんでしょうね。四隅に下への力を加え続ければ良いのかもしれませんが,そんなスペースもありませんし・・・。

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第31巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第32巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第33巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第34巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第35巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第36巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第37巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第38巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第39巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第40巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第41巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第42巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第43巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第43巻(作業実施)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第44巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第44巻(パウダー撒き)

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  115,070マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月14日 01:01
懐かしいレトロなバスですね~。まだこういうバスが走っているところあるのでしょうか?
車も昔は4輪ではなく3輪でしたよね。子供の頃、リアルに走ってるのを見てました(^^;)
2008年06月14日 01:54
ご訪問ありがとうございます。
かぼすレアケーキ美味いです。
話は、海外口座の件ですが、実は私も勉強中でいろいろ知っているとは言えませんが、アイルランドであれば、アビーインターナショナルという銀行が有るようです。(http://www.abbeyinternational.com/)ここはアイルランドではなく、イングランドですが、150年の歴史が有りイギリス6大銀行の一つのアビーナショナル銀行の100%子会社で信用度S&P社格付け「AA」と申し分ないようです。英語が出来るのであればネットで口座開設も可能だそうです。ファイナンシャルプランナーさんたちの得意分野のようですが、ちょっとお金が必要になるようなので
出来るようでしたら、自分で開設した方がお得という事になります。また結果を知らせていただけたら有難いです。
2008年06月14日 03:02
残すところ数号ですか・・・。なんだか寂しい気がしますが、今後は全体の雰囲気をだすDetailが沢山ありましたね!
素晴らしいです(^^そしてTunnelの上の山がすごいこんもりしていることに気がつきました(^^
キミマキ
2008年06月14日 14:34
バスか~そうすると今回は作業なしだな、と思ったらちゃんと作業あったんですね。
道路の隙間はしんさんさすがでしたね!
先回りして上手に作ってましたもんね!
線路の間のはいいですね!
こういうの好きです。

すっかり地肌も隠れてジオラマ完成ですね!
2008年06月14日 21:56
りくまいらーさん,こんばんは。
どうなんでしょうね。観光地なんかでは「観光の呼び物」として運行しているところがあるかもしれません。
でも時代が時代ですので,昨今の“エコ志向”にそぐわないですし,燃費も悪いでしょうから,もう走っている所は無いのかもしれませんね。

おっ,オート三輪ですかっ!
私はですねぇ・・・,遠い彼方昔の記憶に一度だけ見たことがあるような無いような(^^;;; テレビで見たのとごっちゃになっているのかもしれません。
次回の付録になってたりして・・・(^^;;
2008年06月14日 22:02
カレー煎餅さん,こんばんは。
おっ,詳細をご教授下さりありがとうございました!
イギリスでしたらアイルランドとは身内みたいなものですから,アイルランドにも支店は多そうですね。
ただ悲しいかな・・・,私は英語が全然ですので(^^;;; ネットはおろか窓口でも口座開設はムリだと思います(笑)
そもそも「現地で余った通貨を銀行に預けておけたらなぁ~」くらいの理由ですので(^o^;; 海外投資とかそんな凄い野心?は皆無なんですよ。
でもカレー煎餅さんのお話しはとても参考になりました。どうもありがとうございましたm(_ _)m
2008年06月14日 22:08
TAKAさん,こんばんは。
これから毎週毎週最終回までのカウントダウンになりそうで寂しいですね。
とは言えシリーズは終了しても,そこから先もちょっといじくろうと思ってますので,楽しみは続きます(^-^)
今回は仕上げの段階で細かな作業がたくさんありました。こういうチマチマした作業も大変ですが段々慣れてくると楽しく思えるようになってきましたね(^o^)
あ,そうそう,「お山のこんもり」は数周前に取り組んだんですよ! あれもなかなか大変でした。でもお陰様で結構“山”らしくなりました(^-^)
2008年06月14日 22:12
キミマキさん,こんにちは。
前半の号でしたら,付録はバスで,作業はバスをジオラマに置くだけ・・・なんて展開もあったかもしれません(^o^;;;;
でも今は追い込みの時期ですからそうは参りませんね(笑)
道路の隙間はですねぇ・・・,前回考えついたのはヨカッタのですが,パウダーを撒きすぎて,なんか街中の道路には見えなくなってきたんです(爆)
ま,それもいっか・・・ってそのままにしてありますが(^o^;;;;;
線路の間もちょっと撒きすぎた感がありますので,この際“街中”の概念は捨てて“田舎”に徹しようと思います(笑)
2008年06月14日 22:48
 しんさんのバスには車掌さんが乗っていましたよね?
2008年06月14日 22:57
くらさん,こんばんは。
あーっ,そうそうっ!
私が子供の頃,地元を走っていたバスには車掌さんが乗ってましたね~。
私が小学校低学年くらいまでいたような気がします。昭和50年代前半くらいまででしょうか・・・。
大きながま口みたいなカバンを肩から提げて,お金を徴収してましたねぇ。
あの時は当然整理券なんてものもありませんでした。
「停まります」ボタンも無かったような・・・(^^;;
A&M。
2008年06月15日 00:20
オォ~
ずいぶん雰囲気が出てきましたね!
バス、私は子供の頃乗ったことありますよ(笑)
鞘に収まってた方向指示器(!)がクルッと飛び出すんですよ。
懐かしい・・・
2008年06月15日 12:42
ボンネットバスですか。
私が幼稚園児の頃の頃、路線バスで通園していたのですが、その時、ある他のバス路線がボンネットバスを使用していました。その路線以外は、現在と同じキャブオーバー(厳密にはバスはリアエンジンですからキャブオーナーではないけど)でした。ボンネットバスは子供心にも、珍しく思いました。
そのボンネットバス、方向指示器はランプ式だったような気がしますが、トトロなどに出てきたボンネットバスは腕儀式ですね。
2008年06月15日 21:38
雨と無知さん,こんばんは。
お陰様で自然の情景としては多分これで完成だと思います(^-^)
あとは今回の付録のバスみたいなフィギュアモノを散りばめていくんだと思います。

おっ,ボンネットバスにお乗りになったことがあるんですね! さすが大先輩ですっ!!(爆)(そんな訳ありませんね,失礼しました(^^;;)
そしてランプ式でない方向指示器ですか・・・。私,見たことありませんです(^^;;;;
バスと言いますかクルマの歴史って長いですよね。
2008年06月15日 22:01
ひろってぃさん,こんにちは。
ひろってぃさんはボンネットバスの路線バスを記憶されていましたか。
と言うことは私の世代が丁度ボンネットバスが姿を消した時期だったのかもしれませんね。
ちなみに私は幼稚園へは歩いて通いました(笑)
そしてバス路線も1路線しかありませんでした。
あれから30年・・・,さぞかし様変わりしているかと思いましたら大間違いでして,私の住んでいた埼玉の地元では今でもバス路線は1路線です。しかも行き先がめっちゃ短縮されました。そんで極めつけは・・・,30年前は1時間に1本くらいの本数でしたが,今では1日に数本(朝と夕)になっておりましたorz
2008年07月08日 02:56
まったり人生様
今晩は。
お久しぶりです。
ジオラマ凄いですね。
また、お暇な時にお立ち寄りください。
レアケーキ、上手いです。
2008年07月08日 21:35
カレー煎餅さん,こんばんは。
あー,どうもご無沙汰しておりますm(_ _)m
またまたお越し下ってありがとうございました!
お陰様で現在は第48巻まで進みました(^-^)
全50巻ですので残すはあと僅かです。

海外投資は難しいことばかりですね。
もっとも,私には投資に回すキャッシュがありませんです(ToT)

この記事へのトラックバック