昭和の「鉄道模型」をつくる 第42巻

一週間はあっという間ですね。今週もこのネタの日がやってまいりました。
今号は第42巻です。

画像

今号の付録は「竹林」と言うことで,先週からの流れを考えると,先週号の付録と同じような作業になる予感が・・・(笑)
開封したところ,予感的中しました(^o^;;;

画像

画像

竹林の枝のパーツと,葉のパーツに別れていまして,先週号の桜と同様,枝に接着剤をつけて,葉のパーツをくっつけていく作業になります。
ところでこの葉っぱ,先号の桜の葉っぱと同じような素材です。笹の葉には見えそうにありません(^^;;;
枝へのつけ方次第で見えるようになるんでしょうか?? いくらなんでもねぇ・・・。
かなりの不安を覚えつつ,早速作業に取りかかりました。

画像

竹の木が12本入ってました。なんかシソの実の天ぷらの食べた後みたいな感じです(笑)
写真下のビスコみたいなのは(^^;; 各竹の木を植える土台です。

先ずは葉っぱのパーツをほぐします。
先週の桜の葉よりボロボロになりにくい素材と言いますか,台所用のスポンジタワシみたいな感じです(^o^;;
袋に入っている時点で結構な塊になっていましたので,それを小さくほぐしていきます。
その後,竹の木の枝に接着剤をちょこちょこっとつけて,ほぐした葉っぱを枝にくっつけていきます。
う~ん,やっぱり笹の葉に見えない・・・。
唸りながらもとりあえず1本完成しました。

画像

どうでしょうねぇ~。なんか普通の杉の木みたいに見えますが・・・(^o^;;;
かといって私の技量では他にどうすることもできないので,同じ要領で作業を続けました。
先週の桜の葉とは違って,枝につけた後もポロポロ落ちたりすることはほとんどなく,作業はやりやすかったです。
例によって無の境地に入って(^^;; 一気に作り上げました。

画像

う~ん,なんか今度は試験管を洗う奴に見えてきました(爆)

その後土台に1本1本挿していきます。土台には12個の穴が空いてますので,その穴に竹の木の根元を挿します。
穴によっては挿した木がグラつくので,接着剤を使って固定しました。

さぁ,完成です!!

画像

どうでしょう・・・。う~ん,微妙か・・・(^o^;;; でもこうやって密生していると竹林に見えなくもありません(笑)

そして早速ジオラマに設置しました。

画像

パッと見どこか分かりませんよねぇ~(^^;;;
奥の向こう正面,トンネルの出入口手前にあります。

画像

こんなさり気ない場所にあるんですねぇ。苦労した割には目立ちません(笑)

ジオラマの反対側から見るとこんな感じになります。

画像

桜の木と違って竹林は新緑の今の季節に丁度マッチしますね(^-^)
欲を言えばこの一体を竹林で覆いたいくらいです。京都の嵯峨野みたいに・・・。

画像

この方向から撮ってみると結構情緒ありますよね!(*^o^*)
なかなか画になっているような気が(^-^) (自画自賛(^^;;)

隣のトンネルも被写体に入れるとこんな風景になります。

画像

あ~,ローカル線の旅に出たくなりました(^o^;;

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第31巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第32巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第33巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第34巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第35巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第36巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第37巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第38巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第39巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第40巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第41巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  111,464マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月23日 00:21
またまた苦労なされる素材でしたね(^^思わず出来上がった竹をみて微笑んでしまいました(^^竹の葉っぱはさすがに表現も難しいですよね(^^そして仰るとおり、遠目にみると竹林ぽくも見えます(^^
写真の撮り方によっても見え方が面白いですし、最後に向かって楽しみですね(^^
2008年05月23日 00:50
 あなたは、高山線に乗りたくなぁる♪乗りたくなぁる♪乗りたくなぁる♪
 お待ちしております。
ふむふむ
2008年05月23日 08:20
なんか、竹が入っただけで爽やかな風が吹いてそうなエリアが出来ましたね(^o^)丿それにしても、桜といい、竹といい、なんだか作るの大変そう・・・。おいらなら間違いなく、竹を接着剤の海にドボッと付け、その後葉っぱの池にドボッと・・・って、天麩羅じゃないって!?(笑)
キミマキ
2008年05月23日 16:43
またもや海藻に見えました。
竹っぽくないですね。
竹好きなので楽しみに読み進めてたんですけど。
幹が茶色くないところが竹ですね!
2008年05月23日 21:34
TAKAさん,こんばんは。
美的センスが皆無な私にとっては今回の付録も強敵でした(^^;;;;
こういう自然モノは難しいですねぇ・・・。
「夜目遠目・・・」じゃありませんが(^^;; 遠くから見てかろうじて竹林かな・・・てな感じです。
そうそう,ジオラマって写真の撮り方によってかなり見栄えが違ってくるんですよね。私が撮影に使っているのはケータイカメラですので(^^;; 今のレベルが限界なんですが,高性能なカメラを使えばもっと情緒溢れる写真が撮れるのかもしれません(^-^)
2008年05月23日 21:38
くらさん,こんばんは。
高山線,乗りたくなりますね~(^o^)
こっちで「ワイドビューひだ」を見かける度に出かけたくなります。
いつかきっと高山or下呂オフを開催しましょう!!(^-^)/
あ,それよりも,アルペンルート経由で富山市内に乗り込む方が先かもしれません(^o^;;
その際は泊まりがけでホタルイカをば(笑)
2008年05月23日 21:48
ふむふむさん,おはようございます。
おぉーっ,爽やかな風,風薫る季節ですよね~(*^-^*)
私もそんな“風”を感じてます(^o^)
いやぁ~,普通の人は容易い作業かもしれません。ぶきっちょな私だからこそドツボにハマっているんでしょうねぇ・・・(^^;;;
あ,実は私・・・,接着剤はチューブから直接竹の枝にチョンチョンってつけましたが,葉っぱのバーツはふむふむさんがおっしゃった「ドボン」方式でした(笑)
上手く衣がくっついてくれましたよ(爆)
2008年05月23日 21:52
キミマキさん,こんにちは。
うわっ,これは手厳しいご意見を・・・(^^;;;
でもおっしゃるとおりですね。
上手な人はきっと竹林に見せることができるんだと思います。
この結果は偏に私の技量の無さによるものですorz orz orz
ご期待に添えずスミマセンでしたm(_ _)m
春塩
2008年05月23日 22:42
うーん とてもじゃないけど。不器用な私には無理そうな作業ですね。その割には死後ではミクロン以下の単位を普通に使っていたりします。(爆)
でもまだ完成じゃないんですね。
2008年05月24日 00:03
春塩さん,こんばんは。
ミクロン以下ってことは「ナノテク」ですかっ!
凄いですっ。私だったら絶対手が震えて・・・(爆) って春塩さんのお仕事はCAD上の話でしょうかね(^^;; まさか“職人芸”をされている・・・とか(*o*)

このシリーズが始まった当初は「な~んだ,建物なんて簡単じゃ~ん♪」なんて余裕ぶっこいていましたが(^^;; 今は毎回大汗かきかきです(笑)
まだあと8巻続きますよ~。来週はどんな付録&作業なんだろーかと今から戦々恐々しております(爆)
A&M。
2008年05月24日 23:03
お疲れ様でした~!
横から撮った写真、竹林に見えますよ!
あと2ヶ月ほどで完成なんですね。
待ち遠しいです。
2008年05月24日 23:53
雨と無知さん,こんばんは。
どうもありがとうございますぅ(^-^)
自分のセンスの無さと不器用さにちょっと凹んでおりました(笑)
至近距離から見ると全然ですが,程良い距離を置いて且つ程良い光の加減が一致すると・・・,そこそこ“らしく”見えないこともありませんよね(^o^;;;;

あと8巻ですから・・・,おっしゃるとおり2ヶ月ですね。
スタートからもう一年を迎えるのかと思うとほんと早いです。
きっとこれから難易度の高い作業が待ち構えていると思いますが,頑張って取り組んでいきます!(^-^)
キミマキ
2008年05月25日 21:30
違うんです!
しんさんの出来がってことじゃなくて。
もともとの葉っぱが竹というか笹っぽくないってことなんです!
言葉足らずでごめんなさい。
2008年05月25日 21:40
キミマキさん,こんばんは。
あっ,キミマキさんの真意はちゃんと解っておりますよっ。
キミマキさんのお話し戴いた内容とは全然関係の無い次元で,私が勝手に「私ってセンス無いなぁ~(^^;;;」って思いが募っていたのです(笑)
私こそややこしいお返事を書いてしまってすみません。
どうぞお気になさらないで下さいね(^-^)/

この記事へのトラックバック