昭和の「鉄道模型」をつくる 第39巻

いつものように,今週も「昭和の鉄道模型をつくる」を買ってまいりました。
今号で39巻目です。

画像

今号は一体どんな付録なんだろうか・・・と楽しみにしてました。というのも,ジオラマに設置する構造物の設置位置には付録巻数を意味する数字がパネルボードに印刷されているのですが,「39」の数字がどこにも見あたらないからです。
ひょっとしてパウダー類の難易度の高いブツが付いてくるのでは・・・って(^^;;;

で,上の写真の右下に載ってますが,今号の付録は「樹木」でした。

画像

あ~,木ね・・・。しかし,たった4本ですか・・・(笑)
この4本の木をジオラマのどこに植えるんでしょ???
興味津々で本誌を読んでいきましたら・・・,あ,トンネルのあるお山に植えるんだそうです。
ここですね。

画像

小さなトンネルですが,それでも樹木4本はちと寂しいような(^^;;;
ひょっとして次号以降で追加があるのかもしれませんが(期待で終わる可能性大です(笑))。

とりあえずこの4本だけでも早速植えておこう・・・と思いましたら・・・,

画像

うわっ,またもや「待機指令」が出ました(笑)
しかも44巻まで待てとな(*o*)
今号は39巻ですから,あと5週分待てってことですか・・・。
長い待機指令ですねぇ(-.-;;

と言うことで,今回のジオラマ進捗はございませんorz ネタになりませんねぇ,これじゃ。
まさか,この状態が43巻まで続くんだろか(ToT)


さて,本誌ですが,「京福電気鉄道」が載ってました。

画像

どうも京福って聞くと反射的に福井を走っている路線(三国港行くのとか,永平寺行くのとか(今は廃止されてます))を思い浮かべるんですよねぇ(^^;;
本誌に挙げられていたのは,京都の西部エリアを走っている路線でした。

私は京都へは何度も行っていて,観光もしているのですが,この路線は一度しか乗ったことがありません。
しかもその一度とは高校の修学旅行時まで遡ります(^^;;
確か仁和寺に行った後,近くの駅から電車に乗って,北野白梅町まで行ったように記憶してます。

この京福電車と言えば嵐山ですよね。四条大宮から嵐山を結ぶ路線がメイン路線だと思います。
私は数年前に嵐山へ行ったのですが,その時は阪急を利用しました(^^;;
だって京福って運賃が高いんですも~ん(笑)
沿線の人はあの高額運賃でよく利用する気になるなぁ・・・と思うのですが,定期券なんかは割引率が高いそうです。
京都へ旅行に来て貨幣価値が麻痺している観光客向けなんでしょうかね(笑)

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第31巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第32巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第33巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第34巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第35巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第36巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第37巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第38巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  109,331マイル(前日比+6,080)
 ・ANA-VISAカードのポイント移行分が加算されていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TAKA(^^)
2008年04月25日 02:53
今度は随分長い待機命令がでましたね・・・。うううむこのまま5週分の素材も待機なんてことにならないことを祈っております。しかし確かに4本は少ないですよね・・・
嵐電、去年あるお方のお店の「錦」さんに訪れた時に乗りはしなかったものの良く見てきました。しかしこの電車を見ているといつも江ノ電と錯覚をおこしてしまうのでした(^^;
2008年04月25日 10:07
 ってことは、44巻まで延々と樹が続くのですね。
 39巻では4本、40巻では3本、41巻では2本、42巻で1本。
 あれ、43巻は空気かな!?(笑)

 ここで問題です。富山-滑川はJRだと320円ですが、富山地方鉄道だといくらでしょうか?
キミマキ
2008年04月25日 20:29
あら、また焦らされちゃうんですね。
一ヶ月くらい待たないといけないのはつらいです。
樹木も4本は少なすぎですよね。
もっと欲しいので私も追加期待してます。
2008年04月25日 22:36
TAKAさん,こんばんは。
ほんと,今後5週分全て“待機”にならないことだけを祈るばかりです(^^;;
待機ばかりじゃ全然記事ネタになりませんしねぇ・・・。講談社も少しはブログネタのことも考えて編成してもらいたいものです(爆)

嵐電の塗装は江ノ電とよく似てますもんね。
私も江ノ電とイメージがよく重なります。
記事の写真は1両編成ですが,これが2両編成以上ですとまさに江ノ電ですね(^-^)
いずれにしても趣があって落ち着く電車です(^o^) あ~,乗りに行きたい・・・。
2008年04月25日 22:42
くらさん,おはようございます。
えぇぇぇ~っ,そんなラインナップだったら絶対にグレてやります(笑)
でもなまじ冗談ではなさそうですよ。建物類はもうコンプリートしちゃいましたし・・・,種類は違えど,植物の類が続くような気がします(^^;;
で,“昭和の空気”を閉じ込めるためにクリアケースも買え・・・と(笑)

あ,富山地鉄・・・,距離が延びるほど飛躍的に運賃が上がるっておっしゃってましたよね(^o^;;
えっ,590円ですかっ! 倍近い・・・(*o*)
2008年04月25日 22:52
キミマキさん,こんばんは。
そっかー,一ヶ月くらい待たなきゃならないんですよねぇ・・・。梅雨入りしちゃいそう(笑)
さすがにトンネルのお山に木4本だけじゃ寂しいですので,他にもあるんだと思うのですが・・・。それらもきっとこれからちょびっとずつ付録になるんでしょうねぇ~(^o^;;
2008年04月26日 18:40
今晩は。年間購読者の手元にはまだ届いていません。で・・しんさんのブログがいつも早くて、従ってこう云う情報は良いのやら?悪いのやら?もしかして次回は39・40号が一緒に来るとしたら私が早く知ることになるかも?・・樹木の数は一体何本かな?秘密にしておきますね
2008年04月26日 22:57
悠々爺敵さん,こんばんは。
あー,そうですねぇ,年間購読の場合は2巻まとめて届くんですよね。
確かに私の記事はネタバレですよね(^^;;
その場合は薄目開けてご覧になって下さい(笑)
39,40巻がまとめて届く場合って,てっきり40巻の発売日に合わせて届くのかと思っていたのですが,40巻の発売日よりも早く届くんですか!
その場合はどうぞネタバレ記事を書いて下さい(^o^) 私は全然気になりませんから!!(むしろ事前に心の準備ができるので嬉しいです(^^;;)

この記事へのトラックバック