昭和の「鉄道模型」をつくる 第37巻

今週はいつもより1日遅れですが,第37巻を買ってきました。

画像

先週は“待機指令”が出てましたので(^^;; やっと製作に取りかかれます!

今号の付録は「石畳道」と「柵」でした。

画像

このパーツ,以前の号にもちょびっとだけ付属してましたが,今号のは残り全てがまとまって来ました。
この袋に入っているのは全て「石畳道」&「柵」です(^^;;
かなりどっちゃり入ってるでしょ?
それもそのはず石畳道は24枚(+予備1枚),柵は17枚(+予備1枚)もありました。こりゃジオラマに設置するのが大変そうです(*o*)

早速着手しました。
先ずは先週号の「道路」パーツから。
駅裏商店街エリアの未舗装道路が2つありましたので,道路パーツに電柱と街路灯を取り付けて,ジオラマに貼り付けました。
既に周りは建物や他の道路で埋められているので,隙間に貼る形になるのですが・・・,あれ,隙間が足りなくて道路がちょっと収まりません(笑) 周りの建物や道路を剥がすのも大変そうなので,力尽くで押し込みました(^o^;;;

続いて踏切です。
踏切と言っても警報機の類は来週号に付属とのことでして,踏切部分の道路と線路内に敷かれる「渡り」だけをジオラマに設置します。
道路もそうですが接地面に両面テープを貼ってボードにくっつけます。

程なくして完了しました。

画像

画像

画像

踏切の道路があるだけでも様になってきましたよね!
当然ですけど,踏切にさしかかる電車は問題無く通過できます。

画像

ところで,ヨメさんから指摘されるまで全然気づかなかったんですけど,踏切手前の「止まれ」の文字,なんか変ですよね(^^;;;

画像

こうやって見る分には別に変では無いのですが・・・,

画像

ドライバー目線から見るとこんな感じになります。
道路に書く文字や数字って,ドライバーに向けて注意喚起するものですので,ドライバー目線で読みやすいよう縦長に書かれてますよねぇ。
・・・手を抜きおったな(笑)>講談社?それともTOMIX??

さて,お次は今号の付録「石畳道」と「柵」の取り付けです。
こちらも基本的には両面テープで貼り付けていくだけですので大した作業ではありません。
ただ,なにぶん数が数ですので結構時間がかかりました(^o^;;
石畳道の中には短い箇所が2カ所ほどありまして,それ用に短い石畳道パーツがあるのかと思いきや,普通の長さのパーツを自分で切るとのこと(^^;; カッターで切り込みを入れれば簡単に切れますので大事ではありませんでしたが。

時間はかかりましたが,こちらも無事に完了しました。

画像

画像

画像

パッと見,どう変わったのか分かりにくいとは思いますが,建物の前に石畳道が張り巡らされています。
そして線路脇には柵が増えました。
まだボード面の地肌が露出していますが,かなり雰囲気が出てきたように感じます(^-^)

ところで前述した短い石畳道を作った際に切って不要になったパーツの部分がありますが,拡張計画用に流用してみました。

拡張用に取り付けたホームですが,トンネルの出入口に渡り板を取り付けたのですが,渡った先から元々ジオラマに取り付けられていた石畳道への間に入れてみました。

画像

寸法がちょっと大きくてはみ出していたので,ちょいと斜めに切り落として無理矢理貼り付けました(笑)

来週は踏切の警報機と架線柱だそうです。

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第31巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第32巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第33巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第34巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第35巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第36巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  102,751マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月12日 02:33
本当にどんどん街が出来上がっていきますね!確かに踏み切り前の止まれの文字、確かに見えにくいですね(^^そして線路際の柵も良い感じです(^^来週の踏み切りの警報機と架線柱も凄くどのようになるかが楽しみですし、これからある植栽も本当に楽しみです!
臥薪嘗胆
2008年04月12日 10:21
出来てきましたね。
ここまでそろえるのは大変ですよね。
頭が下がります!
目指せパワーユニット!
2008年04月12日 15:28
 わぁすごい!完成に近づいてきましたね。
 道路に消雪パイプを埋め込みたくなるのは、北陸の人間だけでしょうか (^^;
たぬ
2008年04月12日 20:45
約4分の3が過ぎた状況。第4コーナーを回って、最後の直線にこれから突入する感じでしょうか。いよいよラストスパートに入りますね~
2008年04月12日 21:28
TAKAさん,こんばんは。
建物なんかとは違って柵や路面なんか地味なパーツかと思いきや,これらがあるのと無いのとではかなり景色が違うことに気付きました。
何気ないパーツであってもしっかりと存在感があるんですよね(^-^)
「止まれ」の文字は,もう一歩拘って欲しかったですねぇ(笑) 折角ここまでディテールに凝っているんですからね。
来週のパーツ類も地味な存在ですが,今回同様しっかりと存在感を発揮してくれることと思います(^o^)
植栽ももうそろそろ出番がやってくると思います!!
2008年04月12日 21:32
臥薪嘗胆さん,おはようございます。
いえいえ,定期購読も申し込んじゃいましたので,ここまで揃えざるを得ない状態になっているんです(笑)
でもここで止めたら中途半端極まりありませんので(^^;; もう行き着くところまで行くしかありませんね(^o^;;
これからも頑張って揃えていきます!!

パワーユニットはですねぇ,25巻まで購読すれば貰えますので,既に手に入れました。
2月7日に記事にしてますので,よろしければご覧ください(^-^)
キミマキ
2008年04月12日 21:40
細かい作業お疲れ様です。
予備もつけてくれてるのは嬉しいですね。
「止まれ」のこと全然気付かなかったのはペーパードライバーだからでしょうか。
2008年04月12日 21:45
くらさん,こんにちは。
そうなんですよ,小さいパーツばかりですが,ジオラマに散りばめると意外にも景色が一変するんですよね!
これで完成へ向けての楽しみが加速しそうです(^-^)

道路に消雪パイプって・・・,パイプの中に温水を循環させて雪を溶かすってものですか?
それが街中に張り巡らせているなんて,やっぱり富山市はお金持ちですねっ!!(富山に限った話ではないかもしれませんが)
でも昭和初期の街並みでは有り得なさそうな設備でしょうね(^o^;;;
2008年04月12日 21:50
たぬさん,こんばんは。
そっかー,もう第4コーナーなんですよね。
ほんと,いよいよ最後の直線,ラストスパートですねっ!
追い込みでグイグイ伸びるか,それとも失速するか・・・(^^;;; はたまた競走中止になるか(爆)
上がり3ハロン33秒で頑張ってゴールしますっ!!(^o^)
2008年04月12日 22:01
キミマキさん,こんばんは。
なんか内職やってる感じでした(爆)
予備はほんと有り難かったです。今回は幸いに失敗しませんでしたので予備の出番はありませんでしたが,多分今後どこかで使うと思います。

あ,路面の標識はですねぇ・・・,おっしゃるとおりペーパーですと気付きませんよね(^^;; 歩道を歩いていて車道の標識を見るなんてことはまずありませんから,普段車道を走っている人でないと意識しないでしょうね。
2008年04月13日 14:52
 温水(もしくは、地下水)循環型消雪装置なんてのはぁ、温泉地と市街地の中心の実験プラントだけですってば。
 ほとんどの場合、井戸水を散水ノズルで撒くスタイルです。
 歩道にあると、靴やズボンを濡らさずに歩くのは至難の技となります、ノズルが何箇所か詰まっていると、頭から水を浴びることもあります。 (^^;
2008年04月13日 23:07
くらさん,こんにちは。
あ・・・,地下にパイプを通すなんてことはまだ極一部の実験段階なんですね。
やっぱりかなりのカネがかかるでしょうしねぇ。
ノズルで撒くと言うことは・・・,よく新幹線の線路脇なんかにあるスプリンクラーみたいなやつですか。
そんなん道路脇にあるなんて全然気が付きませんでしたねぇ>先日の富山行き
でも確かに靴やズボンが濡れそうですね(^^;;; 一方向だけ勢いよく水が出ているなんて光景,目に浮かびます(^o^;;

この記事へのトラックバック