昭和の「鉄道模型」をつくる 第35巻

今週もこのネタがやってきました。「昭和の鉄道模型をつくる」です。

画像

今号で第35巻。
ストラクチャーの付録はいよいよ今号で最後です。
と言うことで,最後のストラクチャーは「長屋」でした。

画像

長屋と言うのは1軒の家屋を縦に区切って住む共同住宅ですよね。
縦に長い間取りになるので「ウナギの寝床」なんて言われたりもしてます。
今はほとんど見かけなくなりましたが,昔は高層住宅が無かったので,広い土地が確保しにくい街の中心部なんかではよくあった住宅環境だと思います。

私は平屋建ての長屋をイメージしていたのですが,付録の長屋は2階建てでした。
家屋を縦に区切って,1階と2階は同じ人が住む,今で言うメゾネットタイプのアパートと同じ感じです。

2階建てと言うことで結構大きな建物なんですが,パーツは至ってシンプルでして(^^;; 例によって四方の壁を土台に固定して屋根を被せたら,ハイ,おしまい・・・でした(笑)
玄関先に置く植栽やベンチ,よしずが細かいパーツとして別途付属していて,これらはボンドで設置するのですが,この作業にちょっと血圧を上げたくらいでしょうか(笑)
ほどなくして完成しました。

画像

結構立派な建物ですよね!
この規模で瓦葺きと言うのはちょっと贅沢だと思います(^-^)
今じゃほとんど見ませんもんね,新築住宅で瓦葺きの屋根って。

早速ジオラマに設置してみました。

画像

建物が密集してかなり街らしくなってきましたよね!
とは言え建物は今号が最後ですから,これ以上増えることはありません。

で,「長屋」がどこにあるかと言うと・・・,

画像

駅の直ぐ傍,線路脇です。
駅歩1~2分と言ったロケーションでしょうか。めっちゃ便利な場所です(^o^)
線路脇と言っても,終点駅のホームに入る線路ですので,ここを列車が高速で走り抜けるなんてことはありませんし(^^;;

画像

次号からは,未整備だった道路や踏切,植栽なんかの“小物”が続きます。


さて,誌面ですが,「急行 能登」が載ってました。

画像

上野と金沢を結ぶ夜行列車です。
くらさんがよく利用される列車です(笑)

夜行と言っても寝台車ではないんですよねぇ。
それでも,急行なのに特急車両を使ってます。
今の急行って贅沢ですよねぇ~。特急の車両を使っているんですから。
リクライニングシートですよ! リクライニング!!(^o^;;
昔の急行と言えば4人掛けのボックスシートでした。当然リクライニングも出来ません。硬いシートで窮屈でした。
そんな嫌な思い出しかありませんでしたので,国鉄(JR)の急行と聞くと反射的にボックスシートの車両を思い浮かべてしまい,あまり良い印象は持ちません。
でも今は,旧型とは言えど特急車両を使っているんですから,全然良いです(^^;;

写真の車両は,懐かしのボンネット(489系)です。
長野行き新幹線が開業するまでは「白山」に使われてましたよね。
あと,大昔ですが「ひたち」にも使われてませんでしたっけ。(485系だったかな)
あ,「雷鳥」は今でも使われているんでしたっけ。
個人的には「とき」の181系が好きだったりします(乗ったことありませんが(爆))。

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第31巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第32巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第33巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第34巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  96,650マイル(前日比+9)
 ・旅達ボーナスマイルが加算されていました。えっ,たったの9マイル・・・?(^^;; あ-,NGO-NRTの192マイルの5%なのね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月28日 03:07
今週もこの日になりましたね!最終建物は長屋ですか(^^2階建て、うううむこのたたづまい、どこぞの坂の上に立っていた時計台がついて管理人さんがいるアニメに出てくるような建物ですね(^^;本当に昭和って感じがします!そして駅の隣とは(^^好立地条件ですね(^^来週からは植栽等の装飾部分ですか!これまたどのように変化していくのかが楽しみです。
そういえば、写真の特急車両、良く写真で「とき」が写っているもので見ましたね!なんだか懐かしいです(^^
なお
2008年03月28日 03:21
何だかんだでもう35号ですね。
照明について載ってましたが明かりも組み込まれますか?
そしてボンネット型。凄く昔に博多で有明を見たのを思い出しました(^^
確か写真もどこかに残っていたような・・
ちょっと探してみようかな。
春塩
2008年03月28日 19:02
おお ストラクチャーは最後ですか。ご苦労様でした。後は何が多いのでしょうか?そして後、15号ぐらうでしたっけ?そういえば夜行電車には乗ったことはないです。大垣行きは二度乗ったことありますが、席は確保できなかったので死にそうでした。
2008年03月28日 23:12
TAKAさん,こんばんは。
昭和を感じさせますよね~(^-^)
ひょっとして「一刻館」ですか!? 個性的な住人が住んでいそうですよねぇ~(^o^;;;
今後が難しいんですよ! 植栽なんかは草や砂に見立てたパウダーなんかを撒いていきますので,手先の器用さが今まで以上に要求されます。
途中で血圧上がりすぎてぶっ倒れるかもしれません>私(笑)

おっ,TAKAさん「とき」をご存知でしたかっ!! 私の中では国鉄の特急の代名詞みたいな存在でした。廃止される前に乗りたかったです・・・。
2008年03月28日 23:28
なおさん,こんばんは。
そうですよね~,あれよあれよと言う間にもう7割消化しているんですよね。
あと3割も楽しんでいきたいと思いますが,難しそうな予感がして楽しみ半分不安半分です(^^;;
そうそう,今号には照明の解説が載ってましたね。やっぱりあの建物土台の穴は照明を入れるためのものなんでしょうね。
で,私は・・・,当然照明なんぞ組み込んでません!(^o^;; そんなん手を出したら絶対ハマると思います(笑)
今は与えられた付録をこなすだけで精一杯です(^^;;;

あ,九州にもボンネット型の特急が走っていたんですね! 有明ですか~。鹿児島本線を走る特急ですよね。
2008年03月28日 23:34
春塩さん,こんばんは。
ありがとうございます。でもこれからが“本番”なんですよね(^^;; 緑や土なんかの地表を表現する工作に取りかかります。パウダーとか撒いたりしますので,不器用ですと無残な状態になるんですよ・・・(笑) おそろしや・・・(^^;;
おっしゃるとおりあと15巻ですね。いよいおよ大詰めです(^-^)

えっ,大垣夜行で席を確保できなかったということは・・・,デッキや通路で過ごされたんですか!?
私も一度大垣夜行に乗ったことがありますが,幸い席は確保できたのですが進行方向と逆向きの席でして・・・。途中,岡崎あたりで力尽きましたorz orz orz
あれに比べたら今の「ムーンライトながら」は贅沢ですねぇ。
窮慌能登
2008年03月29日 12:39
簡易リクライニング(without car No.1 and 9.)
2008年03月29日 13:00
窮慌能登さん,こんにちは。コメントありがとうございました。
あ,簡易リクライニングシートの車両があるんですか!! 確かに特急にも一部残っていたと思いますし,急行ですから有り得ますよねぇ・・・。
ひょっとしてリクライニング位置のロックがないタイプですか???(席を立つと背もたれが戻る・・・)
それでしたらかなり辛いですが・・・,それでもボックスシートに比べたら・・・(^o^;;
2008年03月29日 16:32
 こんばんにゃぁ。
 電球、LEDを早速用意しましょう!!
絶対綺麗です。
 あ、呼ばれてた...
 急行「能登」は現在、489系特急型車両で運用されています。この車両は、北越急行およびJR東日本型のATS-Pも搭載しており、「はくたか」の予備編成としても使用されています。(「は」で使うと、性能差により遅延が生じますが...)
 でシートは、1・9号車を除き簡易リクライニングシートが使われています。一応、リクライニングする・しないの位置で固定できるようには改造されてはいるのですが... (^^;;いまいち。
 で、「能」使用時は、片方が女性専用指定席もう片方が自由席となりますので、男性が指定席を利用すると、もれなく、そのシートに座れます(苦笑)
2008年03月29日 21:50
くらさん,こんばんは。
このジオラマでLEDを付けて改造している方のブログがあるのですが,確かに夜景はめっちゃ綺麗でした(^-^)
今手を出すとハマる可能性大ですので,完成して落ち着いて,余力があったらやってみようか考えます(^^;;

あ,さりげなく振りましたが気が付かれましたか!(^o^;;
「はくたか」ってほくほく線内は160Km/h走行でしたっけ? 489系はムリそうですよね。
あ,能登の簡易リクライニングは固定できるようになっておりましたか。やっぱこれがあるのと無いのとでは,疲れ方が違うと思いますし(^^;;
能登は「男はつらいよ」なんですね(笑)
でもまぁ,それもまた“旅”です(^o^;;
とは言いつつ,夜行で北陸へ行く場合は「北陸」を選んでしまうでしょうねぇ・・・(爆)

この記事へのトラックバック