昭和の「鉄道模型」をつくる 第30巻

今週も鉄道模型ネタの日がやって参りました(^^;;
第30巻です。早いもので60%まで進捗してきました。

画像

今号は2つ付録が入ってました。
一つはいつもの駅裏商店街シリーズの建物でして,今号は「書店」でした。

画像

そしてもう一つはリレーラーと言うモノです。

画像

これは当初付録に入る予定では無かったのですが,途中で第30巻の付録に入る旨アナウンスされました。

これは何をするものかと言いますと・・・,Nゲージのレールに車両を載せる為のお役立ちツールです。
勿論手でそのままレールに載せても良いのですが,なかなか一発では上手くいきませんでして,車両によっては苦労することもあります。
そこでこのリレーラーを使うとラクに載せられるんですね。

画像

こんな感じにリレーラーの上に車両を置いて,あとはレールに向かって滑らせればOKです。

ま,100円くらいのものですので・・・ね(笑)
でも無いよりかはあった方が重宝することは間違いありません。

さて,話を建物の付録に戻しまして・・・。
今回も最近の傾向と同じく土台に四方の壁と屋根を組み合わせれば完了・・・てなレベルです。
あと店の前に街路灯を差し込めば全て完了。
これまたあっという間に完成しました。「音羽書店」です。

画像

そして早速ジオラマに設置。

画像

駅裏商店街の一画がまた一つ埋まりました。

画像

今度は道路が一部未整備なのが目立ってきますね(^o^;;;
道路についてはもうしばらく先の付録の予定になっています。

駅裏商店街もあと1店を残すのみとなりました。その1店は次週の付録です。

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第26巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第27巻
昭和の「鉄道模型」をつくる コントローラー到着
昭和の「鉄道模型」をつくる 第28巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第29巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  57,303マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月22日 02:23
ちゃくちゃくと出来上がってきておりますね!そして音羽書店なのですね!なんだかとても趣があるたたづまいですね!お店の周りの道もちゃくちゃくと舗装されていっているようで、まだまだ楽しみが続きます!リレーラーの使い方、知りませんでした(^^;しかしこれは確かに便利ですね!
キミマキ
2008年02月22日 19:19
気が付けば30巻なんですね。
書店っていうより写真館って感じがします。
雰囲気のあるレトロな感じがいいですね。

リレーラーなるものがあるんですね。
レールに乗せるのが大変だっていうのがびっくりです。
2008年02月22日 19:24
TAKAさん,こんばんは。
無理のないペースですので,ド素人な私でもついて行けてます(^^;;
着々と進んでいるのが自分でも分かって,モチベーション維持には丁度良い変化ですね(^o^)
書店なんですが,あまり気軽に立ち読み出来そうな雰囲気ではありませんよねぇ・・・(笑)

そうなんですよ,リレーラーと言う器具がありまして・・・。かゆいところに手が届く「生活の知恵」みたいなものです(^-^)
2008年02月22日 19:29
キミマキさん,こんばんは。
あんまり30巻も続けてきたなんて実感は持てないのですが,立ち並んだ建物を眺めると「あぁ,もう30巻まで来たんだなぁ~」なーんてしみじみ感じてしまいます(^o^;;
そうそう,書店ってイメージはありませんよねぇ。ちなみにヨメさんは「銀行みたい」って言ってました。確かに伏見にある某銀行名古屋支店に似ているような・・・(^o^;;

リレーラーは意外と重宝するんですよ。
リレーラーを使わないで手でレールに載せることも充分可能ですし,そんな難しくありません。
ただ,あればあったで便利だなぁ・・・ってなレベルです(笑)

この記事へのトラックバック