昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻

先週,入荷遅れでスッタモンダがありました第23巻ですが,年末の帰省直前に入荷の連絡がありまして,本日イオンへ行って買ってきました。
今週号はお正月ってことで休刊でしたので,まぁ今の時期にずれ込んでも2巻まとめてってことにならなかった分幸いだったのかもしれません。(・・・と,自分自身に納得させています(笑))

画像

今号の付録は菓子屋です。

画像

お菓子屋さんなんて今ではほとんど見かけなくなりましたね。
高校時代,通っていた高校の近くに“菓子屋横丁”というのがありまして,昔ながらのお菓子屋さんが小道の両側に並んだ商店街みたいなのがありました。
私は元々駄菓子はあまり食べないので,1,2回くらいしか行きませんでしたが,かなり風情のある横丁でした。

ちょっと話が脱線しましたが(^^;; 今回も細かいパーツが色々とありました。
店舗内でお菓子を作っているんでしょうかね。作業台なんてのもありましたし,お約束の店員さんもいました。

内装はこんな感じです。

画像

ショーケースの後に店員さんがおります。また,ショーケース横には長いテーブルがあり,箱に梱包されたお菓子を積んでおくためのものなんでしょうか。

そして完成したのがこれです。

画像

店名は「井口菓子店」。

ジオラマに設置してみました。

画像

駅裏商店街の店ですので,このアングルでは判りづらいですね。
逆方向から見るとこんな感じになります。

画像

道路の駅方向サイドに商店がズラリと並びました。
歯抜けの状態とはやっぱり違いますね(^-^)
商店街って感じが少し湧いてきました。


さて誌面ですが,関東鉄道が載ってました。

画像

関東鉄道は常磐線の取手から水戸線の下館を結ぶ路線で,ディーゼル車が走っているローカル線です。
まだあったんですねぇ~。
昔は常総鉄道って言ってまして,今はもう無くなりました筑波鉄道と共に運賃がめっちゃ高い私鉄ってことで有名だったと思います。
私は乗ったことがありませんが,運賃が高いってことを聞いてその路線を知ってました。
今でもこんな1両編成のディーゼル車が走っているんですね。

なんでも,途中駅でつくばエクスプレスと接続するようになってから利用客が増えたんだそうです。
電化すれば良いのに・・・って話もありますが,それが出来ない事情に驚きました。
というのは路線近隣に気象庁地磁気観測所というのがあるそうで,直流の鉄道は観測に影響を及ぼすんですって!
それじゃ同じエリアを走っている常磐線やつくばエクスプレスはどうかと言うと,影響を及ぼさない交流を使っているとのこと。
常磐線が交流だというのは知ってましたが,そんな理由もあるんですね。そしてつくばエクスプレスが交流だってことは初めて知りました。
で,交流電化はカネがかかるそうで,関東鉄道にはそこまで余力が無いそうです。

私の今年初へぇ~でした(笑)

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  46,013マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なお
2008年01月05日 00:57
今日本屋に行ったら24巻は
まだでした(笑)。
そしてこの休みでジオラマ
作りましたよー!

電化がダメってので電子顕微鏡
(SEM)を思い出しました。
学生時代に時々使ってたんですが、
数十m以上も離れていた電車の
影響を受けてました(@@
2008年01月05日 01:25
 絵になってきましたねぇ。
 常総線と言えば、懐かしいなぁ。。。そんな事もあったなぁ。。。今、どうしているかなぁ。。。です。(謎)
2008年01月05日 07:49
ついに、お店並んできましたね!素晴らしいです(^^しかし、毎回思うのですが、本当に細かい作りになっておりますよね!お菓子屋さん、裏手でお菓子を作っているとは(^^ますます楽しみです!そして気になっているのは、「よしみ」の左側の店舗の道路がまだ舗装されていないところでしょうか(^^
春塩
2008年01月05日 09:56
小学生のころは駄菓子屋も
結構あって少ないお金で
いろいろ帰るので楽しみでしたよ。
50円もあれば贅沢でした。
あー なつかしいー。
キミマキ
2008年01月05日 20:47
待ってました!
久しぶりですね。

お菓子屋さんだから駄菓子屋さんかと思ったのですが本格的なお菓子屋さんなんですね。
いろんなお店が揃ってて当時としてはかなり都会だったんでしょうね、この街。
2008年01月05日 22:36
なおさん,こんばんは。
わっ,ついに製作着手されましたかっ!!
もう23巻まで完成しちゃいましたか?
是非ともブログネタに!!(*^o^*)

そうそう,今週第24巻が出ると私も思っていたのですが,さすがに正月3日はムリでしたね(笑)
第23巻に「1/10,17合併号」って書かれてました。

直流の電線が電子顕微鏡にも影響を及ぼしているんですか(*o*)
いやぁ~,この話は全然知りませんでした(^^;;;
私の行ってた大学も直ぐ隣を電車が走っていたのですが,実験のたぐいは振動の試験以外は影響ありませんでした。
原始的な実験ばかりでしたので,電子機器なんて使いませんでしたから(笑)
2008年01月05日 22:41
くらさん,こんばんは。
ジオラマの極一部の狭いエリアに限ってですけど,結構さまになってきましたよね(^o^)
それだけカネも費やしてきたってことでしょうか(笑)

むむむ・・・,常総線ですと・・・。
くらさんの謎コメントは解読するのが難解です(^^;;
ひょっとしてくらさんの通っていた学校に常総先生という方がいらしたとか!?(^o^;;;
2008年01月05日 22:47
TAKAさん,おはようございます。
この一区画だけですが,綺麗にお店が建ち並んできました(^-^)
これだけでもなんか活気づいているような雰囲気が漂ってきますね(^o^)
毎回毎回この手のストラクチャは本当に細かいパーツがリアルさを出しています。やっぱり鉄道模型は子供ではなく大人の楽しむものだとつくづく感じます。
(子供は勿論“プラレール”ですね(^^;;)

おっ,鋭いですねっ!! あの喫茶店の前の通りは第36巻に付属するって書いてありました。まだまだ先ですね。
2008年01月05日 22:52
春塩さん,おはようございます。
私も小学生の時が一番駄菓子との付き合いが多かったですね~。
当時住んでいた家の近所に駄菓子屋さんが1軒ありまして,ちょくちょく通ってました。
10円~30円くらいが私の手が出せるレンジでした(笑)
コーラ飴とかよく買ってましたっけ。
うまい棒は今でも見かけますので,かなりのロングセラーですね。

あ~,私も懐かしくなってきました(^o^)
2008年01月05日 23:05
キミマキさん,こんばんは。
そうそう,おっしゃるとおり見た目は駄菓子屋さんではなさそうですね。
何でしょう,お饅頭とか雷おこしとか・・・,ちょっと高い感じのお菓子っぽいです(^^;;

そうですね,昭和初期の街にしてはかなり都会な感じがしますよね。
下町と言ったところなんでしょうか。
トンネルの部分は田舎を思わせる情景ですが,ジオラマの中には田んぼや畑は無いようですので,やっぱり都会なんでしょうね(^-^)
でも田舎の方が建物が少ない分コストを抑えられたでしょうにねぇ・・・(笑)
2008年01月06日 14:59
・常総線(取手-下館)
・竜ヶ崎線(佐貫-竜ヶ崎)
が、現在の関東鉄道の鉄道路線でございます。
2008年01月06日 16:14
くらさん,こんにちは。
あれーっ,私の深読みし過ぎでしたか・・・(爆)(^0^;;;;;

竜ヶ崎線は知りませんでした。そんな路線があるんですね。
どうも竜ヶ崎というと鹿児島を連想してしまいます(同じ地名がありませんでしたっけ?(^^;;)。

それを考えると八高線は何故JRのまま留まることが出来ているんでしょうかねぇ・・・(^^;;;(特に高麗川~高崎間)

この記事へのトラックバック