昭和の「鉄道模型」をつくる 第25巻

今週も買って参りました「昭和の鉄道模型をつくる」です!

画像

今号で第25巻。折り返し地点へ辿り着きました。
スタートが昨年の7月からですしねぇ~。長い道のりでした(^^;;
これからまだあと半分あるってことなんですけどね。
ここまで来たからには,惰性でも何でも構わないので完走したいです(笑)

さて,今号の付録は・・・,今までの商店シリーズは一休みでして,「台車」です。

画像

画像

台車と言うのは,Nゲージ車両に取り付けるモーター付きの台車のことです。
ちゃんとした台車専用の外箱に入っていましたので,これは普通に市販されているものをそのままパッケージしているんですね。
ちなみに今号の値段は500円増しでした(-.-;; 台車って買ったこと無いんですが,高いんですねぇ。

で,台車が付いていたのは良いけれど,それじゃ車両の上の部分は???と思いましたが,これは第1巻に付属していた車両を使うとのこと。
私はてっきり別途車両丸ごと1両が付いてくるのかと思ってました(^^;;
だって第1巻の車両には,飾るための台まで付いていたんですから・・・。

作業はいたって簡単でして・・・。第1巻に付いていた車両から台車を取り外し,今回付属していた台車を取り付けるだけの作業です。
2つ3つ細かなパーツを取り付ける必要がありますが,さほど血圧の上がる作業ではありませんでした(笑)

と言うことで,これ(↓)が第1巻に付いていた状態の車両で・・・,

画像

これ(↓)が台車交換後の車両です。

画像

パッと見違いが判りませんが,車輪の部分の色が違うのが判ると思います。
交換前の車両はプラスチック製の車輪でしたが,交換後のはレールに流れている電流を車両内部のモーターに送れるよう通電可能な金属で出来ています。

あと連結器については,他の車両と連結できるよう標準の連結器(アーノルドカプラー)も付属されていて,必要に応じて取り替えられるのですが,まぁ私の場合他の車両と連結するなんてことは無いだろうなぁ~って思って,従来この車両に付いていた連結器(ダミー連結器)をそのまま付けました。

これで,レールに電流を流せば車両を走行させることが出来るのですが・・・,現状ではレールに電流を供給するパワーパックがありませんので走行できません(^^;;;
このパワーパックは第1巻から第25巻の本誌に付いている“応募券”を集めて初めて貰えるんです。
と言うことで,今号の第25巻をもって応募券が全て揃いました。

画像

これを講談社に送ると,やがてパワーパックが送られて来るのですが,明日発送するとして手元に届くのは一体いつになることか(^o^;;


さて,本誌ですが・・・,岳南鉄道が載ってました。

画像

雄大な富士山をバックに井の頭線の車両を改造した電車が走っている・・・。
見事な景色ですね~(*^o^*)

岳南鉄道って,名前だけはどこかで目にした憶えがあるのですが,正直どこを走っている路線なのか知りませんでした。
上の写真からも想像が出来ますが,静岡県の路線でして,東海道線吉原駅を起点とする鉄道です。

工業地帯を走る路線だそうで,観光地はほとんど無いみたいですが,富士山の眺めは抜群ですね(^-^)
この景観を見に行ってみたいな~。

そいや明日(日付変わって今日ですが),東京へ出張に行ってきます。
いつもは飛行機で行くことが多いですが(^^;;; 今回は新幹線で往復します(日帰りです)。
新幹線に乗るのは昨年の8月以来です。
富士山見たさに内陸側の窓側席を予約したのですが,な~んか天気はあまり良く無いみたいですねぇ。日頃の行いが悪いんだな・・・orz orz orz

新幹線は往復共N700系を予約しました。初めて乗りますので結構楽しみです(^-^)

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第8巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第9巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第10巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第11巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第12巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第13巻(組立着手)
昭和の「鉄道模型」をつくる 第14巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第15巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第16巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第17巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第18巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第19巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第20巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第21巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第22巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第23巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第24巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  49,904マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月18日 03:27
今週もこの日になりましたね!そして既に折り返し地点ですか!なんだかそんなに時間が経ったように感じないのは何故でしょう(^^;しかし、ということは、後半年で完成になるのでしょうか!本当に楽しみですね!そして今回ので、電車も走るようになったみたいなので、速くPower Packが来て電車の走る勇姿を見てみたいですね(^^
春塩
2008年01月18日 20:14
おめでとうございます。これで走らせますね。と思いきやまだですか。うーん本当にじらしますね。そして明日は新幹線で出張ですか。また豪華グルメツアーですよね。いいなー。
まち
2008年01月18日 21:52
パワーパックの応募券・・・なんかうまくできてますね~(苦笑
そしてN700系とか、ちょっとついて行けない話がたくさんで、夫に聞こうかどうか悩み中です(笑
キミマキ
2008年01月18日 22:18
いよいよ半分なんですね!
長い!

応募券なんて集めてたんですね。
おめでとうございます。
早く届いて走らせたいですね。

富士山は見れましたか?
2008年01月18日 22:48
TAKAさん,こんばんは。
毎週毎週よく飽きずにここまで来ることが出来ました(笑)
でもまだ半分,折り返し地点ですからねぇ。そうです,あと半年かかります(^^;;
ゴールインが今年の7月だったか8月だったか・・・。まだ季節が二つも先の話です。
モーターが付いた分,車両が重くなりました。車輪ももはや自由には動かないので,手で線路の上を押したりして走らせることが出来なくなりました。
パワーパックが来るのが待ち遠しいです(^-^)
2008年01月18日 23:06
春塩さん,こんばんは。
そうなんですよ,電気さえ線路に流せば直ぐにでも動き出すんですけどねぇ。ここでまた一つ壁が立ちはだかっているのです(笑)
なかなか一筋縄ではいきません(^o^;;;

豪華グルメツアー・・・といきたいところですが(^^;;; 新幹線での日帰りですので,朝と晩の食事は新幹線の車内で駅弁を,昼は新宿ルミネのレストランでランチしただけでして,グルメとは程遠い本日の食生活でした(笑)
明日の記事でお話しします(^^;;
2008年01月18日 23:11
まちさん,こんばんは。
ほんと上手いことやっているんですよ~(^^;; しかもパワーパックは今回のジオラマの心臓部みたいなものですから。これをどれかの巻の付録にするのではなく,25巻まで皆勤賞の人だけに得られる権利が与えられるんですから・・・,なんともまぁ(笑)

N700系はですねぇ(^^;; 東海道山陽新幹線に導入された最新型の車両なんですよ。
色々とハイテク機能も導入されていて,かなり話題になっています。
ご主人には,まちさんのお暇な時間が充分にある時にお尋ねになられるのが宜しいかと・・・(爆)(^^;;
2008年01月18日 23:17
キミマキさん,こんばんは。
なんてったって1年間の長丁場ですから,先はまだまだ長いです(^^;;;
ちょっと息切れしてきたような感もありますが(^^;; 呼吸を整えて前進あるのみです(笑)
応募券は,これが集まらないと肝心なブツが貰えないので,無くさないよう取っておくのが大変でした(^o^;;
届くのを首を長くして待ってます。ただ,きっと皆さん一斉に応募すると思いますので,いつブツが届くのか見当が付きません(^^;;

あ,富士山は・・・,またもNGでしたorz
完全に富士山に嫌われています>私(ToT)
にょんち
2008年01月19日 20:29
こんにちは~^^
動力ユニットとパワーパックの応募ですか。
いよいよ走行できますね~。
レイアウト自体も出来あがってきてますし、写真の撮り甲斐がありそうですね^^
2008年01月19日 22:54
にょんちさん,こんばんは。
そうなんですよ~,いよいよ走行!・・・の手前までやってきました(^^;;
パワーパックが早く届けば良いのですが・・・。(市販のTOMIXのパワーパックでもOKなんですけどね)
だんだんパネルボードの地肌が建物で埋まってきました。ほんと,写真の撮り甲斐が出てきましたね(^-^) でも私の写真はケータイカメラなのでたかが知れてますが・・・(^^;;;

この記事へのトラックバック