昭和の「鉄道模型」をつくる 第7巻

またまたこのネタの日がやってまいりました(笑)
今週は第7巻です。

画像

今号も前号と同じくパッケージが薄いです。
そうです,何故ならば今号の付録は前号と同じく「線路」だからです(^o^;;;

画像

ということで,今号もボッタクリ号となりました(笑)
パワーユニットを手にするまでは元割れが続くんですけどねぇ・・・。

今回も何も組み立てることもなく,そのまま保管しておしまいとなりました。
記事ネタとしてはヒジョーに困る構成です(笑)


さて,気を取り直して本紙に目を向けましょうか。

今号の「昭和レトロ列車」は寝台特急「富士」が挙げられていました。ブルートレインってやつです。

画像

あれ,富士ってまだ走っていますよね。
あ,別に退役した列車をクローズアップしているのではなく,昭和の臭いが残る列車を挙げているんですね(^^;;
確かに昔ながらの寝台客車を使っているみたいです。

富士って今は大分が終点なんですね。
昔は日豊線経由で西鹿児島まで行ってたように記憶しているのですが。
それが南宮崎行きになったのまでは憶えているのですが,いつのまに大分まで短縮されたとは・・・。
あれ,ということは宮崎まで行く寝台特急って今はもう無いんですかね。

それと,今はこの富士ともう一つの寝台特急「はやぶさ」とが途中まで併結されているんですか!
う~む,私の知らない間に・・・(笑)
あれ,しかもこの「はやぶさ」は熊本が終点なんですね。こちらも昔は鹿児島本線経由で西鹿児島まで行ってたのに。

私が子供の頃は,夕方の東京駅というとブルートレインの出発ラッシュで,15分に1本くらいの間隔で出発していたものでした。
「さくら」「あさかぜ(1号・3号)」「富士」「はやぶさ」「みずほ」「出雲(1号・3号)」「瀬戸」「紀伊」・・・,そして急行ですけど「銀河」。
これらのうち今生き残っているのって・・・,「富士・はやぶさ」と「サンライズ出雲・瀬戸」くらいでしたっけ? あ,「銀河」はそのままの形で残っていますよね。

う~ん,寂しくなったものです。
やはり長距離移動は新幹線や飛行機の需要が圧倒的に多いんでしょうね。
ま,飛行機に走った私が言える立場ではありませんが・・・(^^;;

こないだ北海道のスーパーホワイトアローに乗って超久しぶりに「汽~笛一声新橋を~♪」のチャイムを聞きました(^o^)
でもなんか音色が違う・・・。色んな編曲バージョンがあるんですね。

画像


<過去記事>
昭和の「鉄道模型」をつくる 第1巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第2巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第3巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第4巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第5巻
昭和の「鉄道模型」をつくる 第6巻

【現在のANAマイレージ獲得マイル】
  253,314マイル(前日比変わらず)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月07日 01:27
今週もこの日になりましたね(^^しかし今回も線路だけですか・・・。はやく土台が来ると良いですよね(^^
Blue Train、懐かしいですよね(^^子供の頃、乗ってみたくて乗ってみたくて・・・。そして未だに乗ったことがない私です(^^良く横浜駅なので通り過ぎる出雲をみますが、一度は乗って優雅な電車の旅もして見たいですね(^^
2007年09月07日 17:16
こんにちは。やっと7号まで来て何とか線路はつながりました。って円周だけか(^_^;)。

ブルートレインって名古屋だと使いにくいんですよね。名古屋から乗ると食堂車が営業終了で、使えなんですよね。
無理矢理朝だけ使ったりしましたが。
「あさかぜ」「瀬戸」はついに乗らずじまいでした。
春塩
2007年09月07日 19:17
しんさん こんばんは

これはおっしゃるとおりぼったくりですね。号によって値段はかわらないんですか?
寝台特急は昔はあこがれましたよ。
でも今となってはもう乗ることもなさそう。カシオペアもあんまり興味ありません。
キミマキ
2007年09月07日 20:56
本当一週間って早いんですね。
線路の時だけ買う人はいないでしょうからトータルすると元が取れる感じなんですかね。
大垣夜行には一度乗ったことあります。
寝台列車じゃなくて普通のボックス席でしたけど。
2007年09月07日 21:55
TAKAさん,こんばんは。
そうなんですよ~,今週も線路だけでした(笑)
土台はもうちょっと先ですので,あと少しの辛抱です(^^;; 今まで作った建物類は部屋に一時的に置いているのですが,その辺に適当に置いてますので,何かの拍子に壊したりしないか心配です(笑)
な~んかやっちゃいそうな気がして・・・(爆)

ブルートレイン,私は学生時代に何回か乗りました。
社会人になってからは北海道へ行ったときに一度トワイライトエクスプレスに乗りましたね~。時間はかかりますが「旅をしている~」って感じがします(^-^)
2007年09月07日 22:02
のんべえさん,こんにちは。
あ~,今回でカーブ部分は全て揃ったんですね(もう,何が来て何が来てないんだか分からない状態になっています(笑))。
駅への引き込み線も最初にありましたし,残るはループ線の直線レールとポイントですね。

確かに東京発着のブルートレインが名古屋に到着するのって,下りは夜中ですし,上りは早朝ですし・・・。
名古屋発着のブルートレインって無かったですよね。
でもたまに名古屋で飲んだとき,帰るときに名古屋駅で下りのブルートレインに遭遇したことがありました(今では滅多に飲みに出ませんが(^^;;)。
上りのブルートレインは立席特急券ってありましたっけ。
2007年09月07日 22:06
春塩さん,こんばんは。
値段は初回は安かったですが,2巻目以降は最後まで同じ値段です。
脱落者を想定して,最初は利益率の高いものを出していこうって魂胆ですね(笑) くそ~っ,負けるものかっ!!(^o^;;

カシオペアは機会があれば是非乗ってみたいんですよ~(^o^)
でもなかなか切符が取れないらしいですよね。ANAの特典航空券より難解なのかなぁ・・・(^^;;
もし,冬の旭山動物園に行く機会があったら,今度は陸路で行こうと思っているんです。(冬場の飛行機は怖そうですので・・・(笑))
2007年09月07日 22:10
キミマキさん,こんばんは。
確かにトータルで買うと,普通にジオラマを買うよりお値打ちになるみたいです。
今は根比べみたいなものですね(^^;;
ここでブチ切れて止めたら完全に元本割れです(笑)

おっ,キミマキさん“大垣夜行”に乗ったことがあるんですか!!
私も学生時代に一度乗ったことがあります。
今は“ムーンライトながら”と言ってリクライニングシートなんですけどね。当時はみかん色の「東海道線~っ!」てな車両でしたよね(^^;;
私が乗ったときも4人がけのボックスシートでして,激混みでした。逆方向の席しか空いてなかったので,途中,岡崎で力尽きました(爆)
たぬ
2007年09月07日 23:42
夜行列車、いいですね~。そんなに多くはないですが、10回くらいは乗ったことがあるでしょうか。ほとんどは、九州と東京の上り下りのコースですが、出雲に乗って、出雲大社にお参りに行ったこともありますね~。そういえば、まったくの偶然なんですけど「みずほ」の最終運行に乗ったんですよ。東京から熊本。東京駅のホームは、すごいカメラを持った人たちが数十人いて見送られ、各主要の駅では同じように多くの人が見送ってました。どこの駅だったかは忘れましたが音楽隊がいて、お別れのセレモニーもありましたね~。94年のことです。わたしはあんまり乗り物に関心はないんですが、みずほラストランは、なんというかとてもいい思い出として残っています。
2007年09月08日 00:49
たぬさん,こんばんは。
すごい偶然と言いますか幸運でしたね!
「みずほ」の最終列車ですか~。
確か東京-熊本を結んでいたんですよね。晩年は「さくら」と併結してませんでしたっけ。
う~ん,感慨深いです。
私は「みずほ」も「さくら」も乗らず終いでしたからねぇ。そう考えると「富士」や「はやぶさ」も早いうちに乗っておいた方が良さそうですね。考えたくありませんが・・・。
ところで94年の「みずほ」に食堂車があったんですか! 私は食堂車と言えばたった一度だけ,トワイライトエクスプレスに乗ったときだけしか利用していません。流れる車窓に目をやりながら食事をするのも旅の醍醐味ですよね(^-^)
なお
2007年09月08日 00:57
昨日は台風の中で飲み会(笑)、今日も
飲み会だったので買い忘れました(^^;;
もうここまで買うと止められません(^^;;
一方でまだ一号も開けてません(笑)。

読み物的にも面白いのでOKですけど!
2007年09月08日 01:05
なおさん,こんばんは。
ひぇーっ,台風の中,飲み会強行ですかっ!
ひょっとして今日は飲み屋から職場へ直行ですか?(爆)(^0^;;
新幹線は結構長いこと止まっていたそうですが,都心の在来線は間引くだけで動くには動いていたんでしたっけね。

なおさんは土台が来るのをお待ちですか?(って忙しくて時間が取れないんですよね(^^;;)
ま,それから一気に作っても充分リカバー出来ますから全然問題ありません。
私は暇なのでポチポチ作っちゃってます(笑)

この記事へのトラックバック